2015年06月19日

雑学5連発!パート6


こんにちはもっちーです。

自宅で使っている食洗機が急にエラーが出て動かなくなりました。

メーカーに連絡すると修理に来てもらえるそうなのですが、出張費が5千円でさらに修理代かかるとのこと、
この食洗機には「設計標準使用期間10年」というシールが貼っているのですが、私は2年半で壊れました。

とりあえず文句を言ってみたのですが、10年というのは部品の保有期間だと説明され、もやもやしながらも修理にきてもらいました。

すると中のモーターが故障してるらしく2万円かかるとのこと、「う〜ん、高い。」と思い、やはり2年程で壊れるのはおかしいと主張したところ1万円になりました。

使用期間にしろ修理費にしろ、結構メーカーもいいかげんなんだなぁと思いました。(対応はよかったですけど)
もっと粘れば無償になってたのかなぁ、、、。

とりあえず「リン○イ」製の食洗機の話でした ( -ω-)ノ

<本日のネタ>
「雑学5連発!パート6」

1sozai_262z75.png


◎その1・・・「なぜサイコロの“1”だけが赤なのか」

日本では1が赤いサイコロが当たり前ですが、海外では、サイコロの目はすべて黒で統一されているのが一般的なんですって。
日本でもサイコロが輸入された時には、目はすべて黒だったのです。

しかし和歌山県にあるサイコロを製造していた会社が、国旗の日の丸をモチーフに「1」の部分を赤色にしてみたところ、これが爆発的な売れ行きとなったそうです。
それ以来、サイコロの目は1の部分だけを赤くするメーカーが増え、1=赤が定着したようです。


◎その2・・・「一度に使える硬貨」

コンビニなどお店で一度に使用できる硬貨の枚数は法律で決まっているんです。

昭和13年に施行された「臨時通貨法」により
「同一種類の硬貨について20枚まで使用可能」とありますので、21枚以上出すと、お店側は断わることができます。
ただし店側も「拒否できる」というだけで受け取ってはいけないというわけではありません。


◎その3・・・「カニ味噌の正体」

カニ味噌ってカニの脳みそと思っている方はいませんか〜?
実は、カニ味噌は脳みそではないんです。

カニ味噌というのは、中腸腺という内臓の事で、他の動物で言うと肝臓と膵臓(すいぞう)の働きをあわせ持つ臓器です。
ようは牛や鶏の「レバー」みたいなものでしょう。

名前の由来は、単純に形状が「お味噌」に似ていることからついたみたいです。


◎その4・・・「くしゃみの速さ」

くしゃみは、時速320kmという新幹線よりも速い速度で飛び出しているそうです。

気管内では実に秒速300mというとんでもない速度で移動します。実にマッハ0.9と音速(時速1224km)に近いスピードです。

くしゃみに比べて地味な感じがする咳ですが、意外とほぼ同じぐらいの高速だそうです。

こんな激しい速度を出すからには、くしゃみや咳で使われるエネルギーも大きいそうで。

1回の咳で消費するカロリーは2kカロリー。1分間に1度咳込んでいるだけで、半日で1000kカロリー以上を消費してしまうんですって!
くしゃみダイエットが発明されればすごいことになりそうですね(>。<)


◎その5・・・「K−1の“K”とは」

今さらですが、数年前まで流行っていた格闘技の試合の「K−1」ですが名前が気になった方いませんか?

“K”は「空手」「キックボクシング」「カンフー」「拳法」などの立ち技格闘技、あるいは「格闘技」そのもの、そして「KING」の頭文字を意味し、
“1”はナンバーワンを意味している。 とウィキペディアに載ってました〜。

ちなみに、数年前にK−1の運営会社が倒産してしまったのですが、香港の組織が商標権を取得し、”K−1と称する”イベントは存在しているようです、しかしここ最近は開催されていないみたいです。


以上でーす。それではまた次回〜!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

 <前回のアンケート結果はこちら> 

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする