2015年10月16日

「実はマーライオンは複数ある」


(今回、写真多い目です)

こんにちはもっちーです。

実はこの記事でちょうど100記事目になります。

このブログを書き始めたのが、14年11月でしたのでおよそ1年。

ブログ(HP)なんて見ることはあっても、自分で作るなんて考えたこともなかったんですが、ちょっとした人物の影響で、「自分も何か出来ることを発信したい」と奮起してみた次第です。

これからも「話のネタ」になるような雑学を書いていきますのでよろしくですm(_ _)m

あたたかいコメント下さったり、アンケートに参加頂いたりと、少ない人数ではあるんですが、やっぱり目に見えて反応があるとモチベーションが上がりますので、気が向いたらでいいのでお願いしますねっ(^-^)/

では記念すべき100回目のネタは、どんなのが出るのでしょうか〜。


<本日のネタ>
「実はマーライオンは複数ある」

singapore_merlion.jpg


ビジネス環境世界NO1の国「シンガポール」のマスコットと言えば「マーライオン」ですが、実は1体だけでなく「複数体」あるのをご存知でしたか?

<1体目>
1番有名なのはマーライオンパークのマーライオンですね。
写真↓
マーライオン01.JPG


<2体目>
こちらもマーライオンパークにあります。
有名なマーライオンの後ろにあって、小さめのマーライオン。
写真↓
56f3f0e0abf0f48f_S.jpg


<3体目>
セントーサ島という所にあります。そこのマーライオンは高さ37mと大きいです。
中に入り展望できるようになっているそうです。
写真↓
98da818ff9eadf40_S.jpg


<4体目>
マウントフェーバー公園という所の山の頂上にひっそりと佇んでいます。
写真↓
DSC_0040_thumb.jpg


<5体目>
シンガポール観光庁の敷地内に設置されています。
写真↓
3fa947cd2eb69808_S.jpg


微妙に顔つきが違いますが、以上の5体がシンガポール政府が公認したマーライオンだそうです。
こんなにもいたんですね〜(>_<)

<非公認なものもあるようです>
Ang Mo kio townという所にあります。
写真↓
QS_20140428-230148_thumb.jpg


ついでなので「マーライオン」の由来を紹介しておきます。

◎昔々、スマトラ島の王族の「サン」がシンガポール島を目指して航海しました、
ところが途中で、海が激しく荒れ転覆しそうな状態になってしまいました、
そこでサンは、大切な王冠を海に投げ入れて念じたところ、
海はたちまち静まり無事に上陸できました。

海が静まっていく中でサンは不思議な生き物を見ていました、
上陸後、現地民に聞くと、それは「ライオン」であろう、と教えられた為、その土地をサンスクリット語のライオン(Singa/シンガ)の町(Pura/ポール)という意味の「Singapura/シンガポール」と名付け称えたました、、、とさ。

という神話を元に、まずはシンガポール観光局のロゴマークとして、上半身が神話の「ライオン」、海の街ということで、下半身は「魚」のマーライオンが作られました。

そしてその後、観光モニュメントとして石像が作られたそうです。

ちなみに、日本にも寄贈されたりなんかで「3体」ほど存在しているそうですよ。


以上でーす。それではまた次回もお楽しみに〜!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
http://form1.fc2.com/form/?id=946949

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする