2015年12月13日

『X'mas』と書くのは間違い


こんにちはもっちーです。

夏前から始めた「自転車通勤」を続けているのですが、「車通勤」と比べて「街行く人々」に目がいったりします。

私、占い師ではございませんが「オーラ」が見えたんですよ!

というのもこの前、大きな公園の中を通過してたのですが、高1ぐらいのカップルが手を繋いで楽しそうに歩いていました。

勝手な想像ですが、付き合いたてで、やっと手を繋げるようになった感じ。

女の子は男の子の顔をジッっと見つめながら(もうそこしか見てないのでは?)、楽しそうにおしゃべり、男の子は、女の子に合わせてゆっくり歩いて、話にうなずいてる。

周りに他の人もいるのですが、明らかに2人だけの空間(オーラ的な)が見えました!

恋する女性の瞳ってなんともいえない独特な魅力がありますね(^-^)一説には瞳孔が開いている状態になるそうです。

「さてその幸せがいつまで続くのかな??」とか穿った見方をしつつも、ホッコリして自分もそういう時代があったなぁ、とおそらく2度と来ないであろう感覚が懐かしくなりました。

オチはありませんm(_ _)m


<本日のネタ>
「『X'mas』と書くのは間違い」

pop16MERRY_XMAS.jpg


冒頭にもありました「恋人達の日」みたいになってる「クリスマス」ですが「X'mas」と省略するのは間違い。というのをご存知でしょうか?

◎まずは「Christmas」の「Christ」の部分が「X」になる理由から

Christmasの「Christ」はキリスト、「mas」は礼拝を意味する。
ギリシャ語ではキリストを「ΧΡΙΣΤΟΣ」と表記する。
英語のChristの部分をギリシャ語の「ΧΡΙΣΤΟΣ」の“頭文字に置き換えた”ものが「Xmas」という表記というわけ。

ちなみにギリシャ語の「X」はキー、カイと読んで、英語の「X」(エックス)とは別物です。語源にはなっているそう。

◎『X'mas』と書くのが間違いな訳

X'masのアポストロフィ 「' 」は英語の省略記号ですが、 Xmas の「 X」 は英単語の一部でも英語でもなく、 “この文字自体で単体でキリストを意味します”。
ですから、ここにアポストロフィを使うのは誤りで、 「Christmas 」または 「Xmas」 「 X-mas」 が 正しい書き方だそうです。

◎欧米ではXmasという表記が少なくなっているそうです

一般市民に識字率が普及すると、「X」は単なる英語のアルファベットの一つと受け止められ、本来「X」に込められていた宗教的な意味合いが薄れていくのを防ぐためだそうです。

しかしXmasはChristmasと違って「文字数が少ない」ので、全体で長い文言を盛り込む必要がある「広告」などでは使い勝手が良いので、日本も含め使われるそうです。


以上です。それではまた次回をお楽しみに〜!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
http://form1.fc2.com/form/?id=946949

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

<前回のアンケート結果>
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=156786
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする