2016年03月15日

「鼻水の色の謎」


こんにちはもっちーです。

先週の話なのですが、「財布」を無くしました!!

自宅で気付いたんですが、「どうせ職場にでも置き忘れたんだろう」と、たかをくくっていたのですが、翌日職場でも見当たりませんでした(汗)

けっこう大きめの長財布なので、落とすのは考えにくいんですが、どこを探しても見つかりません(泣)

使わないですが見栄で、現金3万ぐらいは入れてるし、免許、銀行、クレジット、保険証まで一式入っているので見つかる訳がないでしょうが、紛失届けは出しておかなければと、近くの交番で落し物を調べてもらうことにしました。

もろもろ入っている物の詳細と、財布の特徴や、落としたっぽい範囲まで、事情聴取?
された後、本部らしきところに報告しているやり取りを聞いていると、、、。

なにやら紙にメモり出しました、「○○警察署会計課、拾得番号○○○○」・・・まさか!?

お巡りさんが電話を切ると、「特徴が一致したものが届けられています」

うひょーー!!щ(゚ロ゚щ) そうです!結果として見つかったんですYo!(中身もちゃんとあって)

どこで誰が見つけてくれたかと申しますと。

実は先日、朝食を買いにコンビニに行ったのですが、若干二日酔い気味でボーっとしていまして、会計時に置き去りにしてしまったようで、店員さんが届けてくれたようでした(^-^)

まさに「神様、仏様、店員様」でした!(5千円のクオカードが消えていたのは良しとしましょう)

と、いうわけでオチのない話にお付き合い下さってありがとうございましたm(_ _)m

みなさんも財布だけはちゃんと確認するようにしましょ〜。


<本日のネタ>
「鼻水の色の謎」
allergy_hanamizu.jpg


春先とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
みなさんカゼはひいていませんか?

カゼの時って「黄色いネバっとした鼻水」が出ますよね?

アレの正体をご存知でしょうか?

<そもそも鼻水とは>

健康な時の鼻水は、鼻腺などから分泌された粘液で、
鼻から吸った空気に「適度な湿り気」を与えたり、気道の粘膜を「病原菌から保護」するために常に分泌されていて、通常は無意識のうちに飲み込んでいます。

しかし風邪、花粉症にかかった場合などには、鼻や喉に付着した病原菌や花粉を「殺菌し洗い流す」ために大量の鼻水が分泌され、鼻からあふれ出ることになります。


<細菌やウィルスが入ってきて悪化していくと>

小学校でも習ったこともあると思いますが、体内の「白血球」が働いて、細菌やウィルスの退治を行います。

「白血球 vs 細菌、ウィルス 」となりますが、その攻防戦の過程で「死者が出てしまう」のです(”ロ”;)

そして、死んでいった細菌・ウィルスや白血球の死骸は、鼻水によって絡め取られ、「外に排出される」仕組みになっています。

◎そうです、黄色い鼻水の正体は「白血球や細菌、ウィルスの死骸」なんです!

ですので、鼻水が黄色という事は、白血球が細菌、ウィルスと戦ってくれている証しということになります(^-^)

さらに戦いが混戦し佳境に入ると「死者の数も増え」て、鼻水の色が『緑色』になっていくそうです。

というわけで、鼻水に色が付いてきた時は、白血球に頑張ってもらえるように「栄養のある物を食べる」「しっかり睡眠を取る」ように心がけて下さいませ〜(*゚▽゚)ノ


以上です、それではまた次回をお楽しみに〜!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
http://form1.fc2.com/form/?id=946949

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

前回のアンケート結果はこちらをクリック!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする