2016年04月08日

「雑学連発!パート10」


こんにちはもっちーです。
久々の「雑学連発」です!

3つほどですが、楽しんで下さいまし(^-^)


<本日のネタ>
「雑学連発!パート10」

1sozai_262z75.png


◎その1・・・「花散らしの雨」

この桜の時期の雨は「花散らしの雨」なんて天気予報のときに聞いたりしますよね、

実は「花散らし」とは、本来は、
「3月3日を花見とし、翌日若い男女が集会して飲食すること」=「合コン」のような意味があります。

春の雨で桜が散っていく様には、「桜流し」(さくらながし)という、言葉がちゃんとあって、そちらを使うのが正解のようです。

なぜ「花散らし」が使われるようになったのかは不明です(@.@)


◎その2・・・「久々」の「々」

みなさん「久々」の「々」の読み方をご存知でしょうか?

実は、漢字ではありません、「躍り字」という「特殊記号」の一種なのです。

もちろん漢字ではありませんから、これ自体に読み(音や訓)はありません。

俗な読み方としては、同じ字を繰り返すという意味の「同の字点(どうのじてん)」、またはカタカナの「ノ」と「マ」を足したような記号なので、「ノマ点」などと呼ばれたります。

ちなみに、パソコン、ケータイでこの記号を単品で打ちたい時には、「くりかえし」や「おなじ」や「どう」と変換すると出てきます(^-^)


◎その3・・・「スイートルームの“スイート”」

日本人はスイートと聞けば「甘い」を意味する「sweet」と連想してしまうので、新婚さんや恋人のための、「甘い部屋」と誤解されがちですが、

実はこの「スイート」は「sweet」ではなく、「suite」(スイート)と書き、「一続き」「一組」「一揃い」
といった意味の英語で、

つまりは、「スイートルーム」=「寝室やリビングルーム、応接間、浴室などがすべて揃った最高級の部屋」ってことですね。

ちなみに、「一揃いの洋服」という意味の、「suit」(スーツ)」の語源にもなっています。


それではまた次回をお楽しみに〜!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
{お問い合わせページへ}

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

前回のアンケート結果はこちらをクリック!

以下は僕の趣味動画です↓
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする