2016年06月11日

ジューンブライドの由来って何?


こんにちはもっちーです。

6月に入り梅雨にも突入しましたね!

6月といえば、梅雨と「ジューンブライド」ですよね?

あとは祝日がない「サラリーマン的に悲しい月。」ぐらいでしょうか?

それはさて置き、なぜ6月に結婚するとよいのでしょうか?

言葉は浸透していますが、意味までは知らない方が多いかも、ですので紹介します(^-^)


<本日のネタ>
「ジューンブライドの由来って何?」
wedd_2_r2_c2.png


諸説ありましたので順に紹介します。

◎その1・・・「ローマ神話から」

6月を英語でJune(ジューン)と言いますが、それはユーノー(Juno)からきている言葉です。

「ユーノー」というのは、ローマ神話で女性の結婚生活を守護する女神で、主に結婚、出産を司り、

主神ユーピテルの妻であり、最高位の女神である。

有名な、「ギリシャ神話」でいうと、全能の神ゼウスの嫁の「ヘラ」と同じ立ち位置のようです。

それを踏まえて、bride(ブライド)は花嫁ですよね。ジューンブライド(June Bride)は直訳すると6月の花嫁ですが、

ユーノーの女神にあやかって“幸せになる花嫁”と言う意味になるそうです。


◎その2・・・「結婚解禁月だから」

昔のヨーロッパでは結婚できない月がありました。3〜5月です。その理由は、“農作業が1年の中で1番忙しい時期”だから。そんな時期にイベントとして結婚式をすると農作業の妨げになるから、“結婚が禁止”になっていたのです。

その期間に結婚を決めていたカップルは、当然6月になるのを楽しみに待っています。
当然6月が結婚ラッシュになりました。


◎その3・・・「気候が安定しているから」

ヨーロッパでは、“6月が一番天気が良い月”になります。雨が少なく気温もよい月です。日本でもそうですが、花嫁はウエディングドレスを着て結婚式を挙げますよね。できれば雨は降ってほしくないのが当然。

そうなれば、一番雨が降らない6月に結婚しようよ。って事になります。

そして6月のイタリアなどでは、“6月の花嫁”と言う言葉もあるぐらいで祝福ムードなんです。
さらにヨーロッパでは、6月12日が”恋人の日”になっています。

以上がジューンブライドの由来です!


◎おまけ・・・「日本の場合」

ヨーロッパなどの6月の気候は問題ないのですが、日本だと「梅雨」になるので雨の確率が上がってしまい当然ですが結婚式をあげないカップルが多くなります。

そうなると困るのは、ウェディング業界。

1967年頃にホテルオークラの副社長が、海外の結婚式事情を知らべてジューンブライドを発見。

売上が少ない6月に、海外のジューンブライドを提案したのが始まりと言われています。

要はウェディング業界の策略、バレンタインを作ったチョコレート業界と似たようなパターンですね(^-^)


それではまた次回をお楽しみに〜!

※無料メルマガでも配信しているで、更新時にメールで読めて便利かと思います。
PCなら、ページ上のリンクから、スマホの場合はページ下の方にありますので、登録お願いします!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
{お問い合わせページへ}

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

前回のアンケート結果はこちらをクリック!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。