2016年08月17日

たまに見かける、大型車のタイヤが浮いている理由


こんにちは、もっちーです。

お盆休みでお出かけの際、↓のように大型トラックや大型トレーラーのタイヤが、浮いている光景を見たことがある方もいらっっしゃるかと思います。

なんでだろ?と思って調べてみたので書いてみます。


※このブログは無料メルマガ(まぐまぐ、メルモ)でも同じ内容を配信しているのですが、この内「メルモ」が利用者の低下という事態で9月から「サービスが終了する」との、知らせがきました。

メルモで登録して頂いている読者様には面倒ですが「まぐまぐ」の方に登録をお願い致します。
「まぐまぐ」は何故か「迷惑メール」に入る可能性もあるので、その場合お手数ですが、「受信許可設定」をお願いしますm(_ _)m

まぐまぐ↓
http://www.mag2.com/m/0001645809.html

<本日のネタ>
「大型車のタイヤが浮いている理由」

img_0.jpg


実はこれ、「リフトアクスル機構」という装置で、積載物の重量によってタイヤを上昇させたり下降させたりできるシステムなのです。

<リフトアクスルのメリット>

・タイヤの消耗を防ぐ
・ブレーキパッドの消耗を防ぐ
・接地面が減るので摩擦抵抗が下がり燃費UP

トラックの荷物が少ないときや、空っぽの場合、最低限のタイヤだけを使うことで「上記」のようなメリットが受けれます。

大型車は普通のクルマに比べて、タイヤやブレーキの値段も高いですし、長距離移動するので、燃費も相当な節約になるわけですね。

しかし、これら以上の最大のメリットがあります。

ズバリ「高速料金の大幅節約」です!


◎大型車の高速料金は2種類ありまして、「大型車」と「特大車」に分けられます。

この違いは細かく規定があるのですが、書くと面倒なので大雑把に

・「タイヤが片面に3本以下」が「大型車」で、高速料金は普通車の「1.65倍」です。

・「タイヤが片面に4本以上」が「特大車」で、高速料金は普通車の「2.75倍」です。

勘のいい方はお分かりかと思いますが、「特大車」のタイヤを浮かせて「3本以下」にさせると
「大型車」扱いになって料金が「約40%」も安くなるのです。

高速をよく使う「特大車」にとって「リフトアクスル機構」はこの為にあると言っても過言ではないそうです。

最後に1つだけ注意で、タイヤ4本でも大型車(元々は特大車に扱われていたそうですが、協議の結果、大型車に扱われるようになったそうです)というパターンもありますので詳しく知りたい方は↓で確認してみて下さいませm(_ _)m
https://www.driveplaza.com/traffic/division/


それではまた次回をお楽しみに〜!

※無料メルマガでも配信しているで、更新時にメールで読めて便利かと思います。
PCなら、ページ上のリンクから、スマホの場合はページ下の方にありますので、登録お願いします!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
{お問い合わせページへ}

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

前回のアンケート結果はこちらをクリック!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。