2017年02月05日

ゼロカロリーの雑学


こんにちは、もっちーです。
私、あまりジュースの類は飲まないのですが、ときどき無性に炭酸が飲みたくなるときがあります。
そのときはよく「ゼロコーラ」を飲みます。

普通のコーラより甘さ控えめだし、「カロリー」も「ゼロ」なのでチョイスしているんですが、
待てよ、甘いのにカロリーゼロってどいうことですか?って思ったので調べてみました。

ついでにカロリーゼロ的な商品を食べ続けたら痩せるのか?とも思ったので調べました。


「ゼロカロリーの雑学」
dangermeal1.jpg


◎そもそも「カロリーゼロ」ではない

飲料100ml(食品の場合は100g)あたり「5kcal未満」であれば「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」と表示できると、健康増進法の栄養表示基準で決められています。

つまり、5kcal未満は表示しなくても良いので「最大4.9kcal」という可能性があります。

その場合は、500mlのペットボトル1本では、24.9kcalということになるので少しはカロリーがあるってこと。

公開はされていませんが500ml「コーラZERO」のカロリーが「0〜4.9cal」
普通のコーラが「225kcal」ですので相当カットはされているようですね。


◎なぜ甘さを保ちつつ、ここまでカットできるのか?

人工甘味料を添加しているからです。人工甘味料という言葉はどこかで聞いたことあると思いますので説明は省きます。ウィキで調べてね

人工甘味料にもカロリーはあります。しかし、砂糖の「何十倍〜何百倍」という甘さがあるので、使用量が少なくできるので、結果カロリーがカットできるのです。


◎ゼロカロリー的なものは太るのか?

ネット情報では「逆に太る」という情報をよく見かけますが、実は「太りません」。

TV番組で「カロリーゼロ」の食べ物と飲み物だけで痩せるのか、という実験があったそうですが
見事に痩せたそうです。


◎ではなぜ「逆に太る」という情報が多いのか?

安心していっぱい食べてしまうから!

いっぱい食べてもカロリーはないので太りません、ですが砂糖(糖分)や人工甘味料には、大量の「インスリン」を出す作用があります。

インスリンは糖分をエネルギーに変えるのですが、エネルギーとして使い切れない程の糖分を摂取すると、もったいないとばかりに「脂肪」として蓄えられます。

なので過剰摂取は「太りやすい体質」になってしまうのが原因だそうです。

さらに糖分の甘さが、脳内報酬系やドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与えて、依存症や中毒に導きます。

人工甘味料はカロリーが少なくて甘味が強いので、過剰摂取しやすいということで、ゼロカロリーばかり食べていれば問題ありませんが、当然ほかの物も食べます。
その結果、脂肪として蓄えられて太るというのが「逆に太る」という情報になったということです。

さらに胃で甘みを感じると、「グレリン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンは、食欲を増進させて「間食」なども増えてしまうそうです。

ということで、過剰に摂取しなければ、カロリー自体は低いのでダイエットなんかには効果アリと言った所でしょうか。


それではまた次回をお楽しみに〜!

※無料メルマガでも配信しているで、更新時にメールで読めて便利かと思います。
PCなら、ページ上のリンクから、スマホの場合はページ下の方にありますので、登録お願いします!

saozai_27406.png

発行者:もっちー

◎感想、質問、ネタ提供などはこちらのフォームからどうぞ!
{お問い合わせページへ}

今後の参考にするので1つ選んで下さい!!

ブラウザによって選択することが出来ない方はこちらのページからお願いします!

前回のアンケート結果はこちらをクリック!
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする